9月 5th, 2013 | No Comments »

今日は、9月8日(日)に新しい野菜の苗を植えるための土作りを行いました。腐葉土と有機肥料の「やまぶき」を土に混ぜて耕しました。

畑は、ここから、また、新しい段階に入ります。

9月8日(日)に植えた野菜を利用して、11月23日(土)に行う「オーパス天空庭園収穫祭」で出店を出す予定です。

これからの季節は天空庭園はどんどんと寒くなっていくので、かなり限られた作物しか作れませんが、これまでの経験を生かして、効率よく野菜作りが行えればと思います。

 

今後の予定:

9月8日(日) 9:00〜 畑の苗植え

9月15日(日) 7:30集合 ブドウの収穫と山梨ワイン醸造研修(白百合醸造にて)

9月28日(土) 収穫祭の試食会(予定)

11月23日(土) オーパス天空庭園収穫祭

 

11月23日までの畑の作業日は、苗の様子で決定します。

 

* 収穫祭では、お手伝いをしてくださる方を大募集します。 詳細は、後日発表します。宜しくお願いします。

おくらの花です。

ピーマン

唐辛子(辛いです!)

   ぶどうもすっかり色が変わって    収穫を待つばかり!

8月 19th, 2013 | No Comments »

目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブのブドウ栽培は順調に進み、9月15日に収穫し、醸造に向けた仕込み作業を行います。一連の活動を「ブ ドウ収穫&ワイン仕込み研修会」として山梨県甲州市の白百合醸造株式会社さんの協力のもと実施する計画です。ガーデニングクラブメンバー向けの計画ですが、若干名の余裕がありますので、参加希望の方がいらっしゃいましたら御連絡をお願いします。
醸造されたワインは、専用のラベルを貼り秋の収穫祭(企画中)にて振る舞う計画です。

【日程】
  9月15日(日)7:00 目黒天空庭園集合、18:00大橋にて解散 
  ※当日、大橋天空庭園で収穫を実施します。遠方の方は8:00集合もOKです。(収穫は参加なし)

【金額】
  6,000円/名を予定しています。※バス会社との規定上、お子様の参加は別途ご相談をさせていただきます。

【内容】
  目黒天空庭園でのブドウ収穫、山梨県甲州市の白百合醸造さんに向けてバス移動。
  白百合醸造さんでのブドウ収穫、仕込み(破砕・除梗作業)体験
  ブドウの棚の下でお弁当&ワイン試飲
  白百合醸造 http://www.shirayuriwine.com/

【申込】
  参加希望される方は事務局までご連絡下さい。より詳細の情報をお伝えします。
  ・締切:8月31日、ただし先着順とし、定員に達したところで締切とします。
  ・ご家族の参加も可能です。
  ・参加者人数、氏名をお知らせ下さい。
  申込先:jimukyoku@machi-oohashi.net

8月 4th, 2013 | No Comments »

今日は、ブドウの袋がけと畑の手入れ、収穫を行いました。

① 先日、白百合醸造さんが大橋の畑に視察にいらしてくださったようで、そのときにご指摘があったとおり、今後もっと実が大きくなってくると鳥に食べられる可能性があるということで、今までかけていた傘を袋に交換しました。 山梨の畑で悩まされているカビや病気は、ここでは見られないということで、お褒めのお言葉をいただいたそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

② 今日も畑の方は大量に野菜が採れました! ゴーヤはあっという間に大きくなってもう食べれるようになったし、茄子もツヤツヤです。 トマトも相変わらずたわわです。枝豆、空芯菜、育ちすぎたイタリアンパセリは、堅いセロリになってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の活動予定

8月12日(月)8月17日(土)いずれも9時から ブドウ/エコベジの手入れ

9月15日(日)いよいよブドウの収穫です! 採れたブドウと一緒にバスで白百合醸造さんへ向かい、ワインの醸造研修を行います。 楽しみですね。

11月16日(土)予定 畑じまい。 ブドウ整枝、エコベジ収穫、茎始末、シート〜コガネムシ対策。

その後は、日程はまだ未定ですが、収穫祭りを予定しています! 世界初の大橋産ワインもここでお披露目です!

7月 21st, 2013 | No Comments »

昨日作業に参加された皆様、作業の方お疲れ様でした。
今回はブドウの副梢の制定作業を実施しました。
来年たくさんのブドウを収穫するために今年は主枝を充実させる必要があるので、主枝以外から出た枝の先頭をカットすることで、主枝に栄養がいくようにします。本来は主枝以外は枝の根元からカットしてよいのですが、コガネムシに食害されていて全体の葉の数が少ないので、極力残して光合成をさせて栄養を全体にいきわたるようしています。

コガネムシの方はピークは過ぎたようですが、引き続き駆除の対応をお願いします。

簡単に以下、写真でご報告します。

本日、コガネムシの捕獲を期待したのですが、、

一匹もとれませんでした。残念!

 

 

 

ブドウは順調にすくすく育っています。

 

 

 

 

本日の収穫の一部です。

 

 

 

ハーブも順調に育っています。田村部長が挿し木したハーブも
植え付けを行いました。

 

 

 

作業自体は9:00~一時間程度ですので、みなさまの活動への参加をお願いします。
道具類はすべてそろっていますので、帽子等暑さ対策をしていただいて、手ぶらで来ていただければ、一緒に活動ができます。(お土産ももらえるかも。

次回以降の活動は以下の通りです。

7月29日(月) コガネムシの駆除と、副梢の剪定+エコベジ収穫、植え付け
8月4日(日) コガネムシの駆除と、副梢の剪定+エコベジ収穫、植え付け
8月12日(月) コガネムシの駆除と、副梢の剪定+エコベジ収穫、植え付け
8月17日(土) ぶどうの色づき状況の確認+エコベジ収穫、植え付け
 

来週の土曜日(27日)に、一緒に活動しているスポーツ部会のフットサル大会で、天空庭園のハーブを使ったハーブ茶とボトルの販売を予定しています。

 

** 先日取材にいらした、NHKの野菜の時間の再放送は25日木曜日の11:30からです。お見逃し無く!

6月 22nd, 2013 | No Comments »

今日は、天空庭園の畑にNHKのEテレの野菜の時間という番組の取材の皆さんがいらっしゃいました!

天気が心配されましたが、奇跡的に晴天に恵まれて、野菜たちもぐいぐいと育って今日は山のように収穫できました。

ラディッシュ、ミニトマト、枝豆、空芯菜、とうもろこし、水菜を収穫しました。今日は沢山のちびっ子も一生懸命お手伝いしてくれました。

それから、みんなで、ゴーヤと唐辛子を植えました。

作業を終えた後は摘みたてのミントとレモングラスのお茶を頂きました。 口の中に清涼感がすーっと広がって、暑さを忘れさせてくれました。

7月の作業日は、7月6日(土)、7月20日(土)、7月31日(水)を予定しています。

ミニトマトは、ぐいぐい大きくなって、支柱が追いつきません!

 

今日のNHKの取材の模様は、7月21日(日)8:00〜の野菜の時間で放送されるそうです。

(オシャレなエコベジのリーダー高橋さんやちびっ子達が沢山出演していますよ(^^)楽しみですね。)

http://www.nhk.or.jp/kurashi/yasai/

ブドウの方も実がどんどん大きくなっています!

現在の畑の様子です。

6月 15th, 2013 | No Comments »

今日はいつもの畑を飛び出して、青山1丁目にあるリーデルにて、ぶどうの品種ごとに楽しむワイングラスのお勉強をしてきました。

講師の庄司さん=どうもありがとうございました!

リーデル家の物語は1756年ボヘミアで始まり、途中でヨーロッパの歴史における劇的な大事件に巻き込まれながら、統合を果たした現在のヨーロッパまで続きます。リーデル家は300年間ガラス作りにたずさわり、11代にわたる家族経営を守り続けています。
シレジア(現在のポーランド)と国境を接するボヘミア(現在のチェコ共和国)北部の町から始まります。1950年代に現在のオーストリアのインスブルックに落ち着きました。

(詳細の歴史は、リーデル社のホームページを見て下さい。 桁違いの歴史観にヨーロッパの伝統の深さを感じます:http://www.riedel.co.jp/about-riedel/history)

ランチョンマットにワイングラスの名前とブドウの種類が明記されていて、わかりやすいです!

リーデルのワイングラスの特徴は、単純に赤や白といった区分ではなくて、ブドウの品種ごとにグラスの形が2百種類以上にも分かれていることです。 私は、今まで白と言えば、少し背が高くてほっそり型、赤と言えば、まるっこい、、、 みたいに思っていたのですが、たとえば、白でもしっかりと樽で熟成されたオークドシャルドネは、今日の中で一番丸いデザイン”3”で、”2” のような典型的な白ワイン用のグラスと思っていたグラスに移し替えると香りが全くせず、味もほんとに深みがなくなってしまい、まるで手品のようです。また、ボルドーと呼ばれるグラス”5”に注がれたカベルネソーヴィニョンや、メルローなどフルボディのワインを”4”のブルゴーニュという名前のグラスに注ぐと急に香りがなくなってしまいます。 そして、それをプラスチックのグラスに注いで飲むと味すらが全く変わって、深みの無い、安物のワインに変わってしまったかのようでした。びっくりです!(お花見にいいワインを持っても無意味だということが、わかりました。)

このような違いがなぜ起きるかと言うと、ワインが舌のどの部分を通るかで味が決まるからだそうです。

たとえば、2番のすっきりとしたデザインですと、ワインは、舌の中央部分をすーっと抜けるように通ります。 これが、3番の丸みをおびたものですと、頬「ほほ」の裏側にまでワインが行き届くので、舌の側面でも味を感じます。そうすると、ワインにもよりますが、ソーヴィニョン・ブランのようなすっきりした味わいの白ワインだと、えぐみが出てしまいますし、オークドシャルドネのような熟成された白ワインですと、樽の香りが口の中に広がりフルーティーさとマッチして深みが増します。

そして、すごいのはこれらのグラスとワインの相性を決めるのは、ワインの生産者達ということです。いままで、グラスについては、そんなに深く考えたことがありませんでしたが、ここまでグラスによって味が変わるということがわかると、大橋のワインにもぴったりのグラスを揃えて、秋にはみんなで大橋ヌーボーを最高の条件で楽しめたら良いなあ~っと思いました。

7月20日に今度は大橋で同じような会を計画しています。(参加人数によります。)興味のある方は、ぜひ下記のお問い合わせの方へ連絡をお願いします。

http://machi-oohashi.net/?page_id=113

みんなほろ酔い気分で、陽気になってます(^^)

 

 

 

 

 

6月 10th, 2013 | No Comments »

いよいよ夏本番の太陽がさんさんと降り注ぐ中、今日は、新しく参加してくださった方々含めて30人もの方々が、活動に参加してくださいました。

今日の活動は、

① 畑のトウモロコシの支柱を太いものに交換

② さやえんどうとミニトマトの収穫

ミニトマトは、たわわになっています。

摘みたてのミニトマトは、とっても甘かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ 箱豆の苗を植える

箱豆ってどんな豆になるんでしょう?

④ ミニトマトの支柱を補強して、上に向かって育つようにする

支柱+脇芽も間引いてすっきりしました!

 

⑤ ブドウの傘をかける

傘掛けの説明をする細尾さん。いつもありがとう!

高層マンションとブドウ。世界初かも?

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥ 雑草取り/水やり

 

2時間の活動でしたが、気温はどんどん高くなって、本格的に夏を感じました。

この太陽をいっぱい浴びて、ブドウや野菜達も大きく育ってほしいです!

 

次回の活動は、平日 6月17日(月)/ 休日 6月22日(土)
両日とも9:00〜

*6月22日(土)は、NHKの取材も入られるそうです。 楽しみですね!

おつかれさまでした!

5月 26th, 2013 | No Comments »
ブドウの生育確認
本日、ブドウの開花確認を行いました。ひとつだけ咲き始めていました。
あと1週間以内に満開になると思いますので、、
次回の6月9日(日)には開花が完了しているかもしれません。
お近くに来た際は確認してみてください。(香りを要確認です。)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブドウ作業は、伸びてきたツルをカットして紐で誘引をしました。
順調に育っています。少し成長が遅いものがありますが、
1年目はまだ不安定だと思いますので、、見守っていきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
上の写真の下の葉が風のせいか、切れている状態でした。

 風が強いのですが、この葉以外は綺麗に育っているので

 今のところは問題がないと考えています。
 
 
 
 
 
 
 
※次回は6月9日(日)9:00~ になります。
  ブドウの笠かけという作業を予定していますので、みなさんの参加をお願いします。 
5月 12th, 2013 | No Comments »

本日の活動報告を致します。
今日はブドウのツルを取って、バーゴラに誘引をしました。
とても順調に育っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブドウのつぼみもだんだん大きくなってきました。
あと2週間位で開花しそうです。
ブドウの花を見たことない方も多いので、、是非ブドウの25日の
作業に参加してください。ブドウの花の香りが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

次回は20日の作業になります。
本日、ブドウの木の下に「シロバナサギゴケ」を植えました次回の
作業の時にはきちんと水遣りをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、本日はお疲れ様でした!

5月 5th, 2013 | No Comments »

東急「みど*リンク」は東急沿線のまちづくり活動を行っているグループの活動を支援する東急(株)の助成事業です。4月21日に昨年度助成を受けた8グループの発表が行われました。おおまかな内容を紹介します。

(1)二子玉川駅「交通広場」に緑をーNPO法人玉川にエコタウンをつくる会

NPO法人と地域住民が一緒に協力して二子玉川駅の交通広場でプランターで花を育て,まちを美しくしています。3年前に発足しました。女性が中心を担っています。これから本格的に緑美しいまちづくりをがんばりたい。緑化はやはり管理が大切と考えています。

(2)自由が丘森林緑化計画ー自由が丘商店街振興組合

自由が丘をみどりでいっぱいにすることを目指して2009年に活動を発足させました。いまは活動に関わっている人1300人,商店街振興組合事務局が中心となっています。まず始めに「自由が丘森林計画」をつくました。土の無いところでみどりの活動をするためは土が大切です。このため東急「みど*リンク」の支援を活用して大型プランターをたくさん作ることに。道路に青シートを敷き,大型ダンプで土を大量に運び入れ,大型プランターに土を入れたものを沢山作りました。それに木や草花の苗を植えてまちづくりを行ったのです。このほかにミツバチプロジェクトや緑色の自動販売機をコーラの会社につくってもらい,その売り上げの数%を会に寄付してもらうなど活動の資金を得るためにずいぶん工夫してさまざまな活動をしています。

(3)大岡山駅前「みんなの庭」づくりー大岡山さくら祭り実行委員会

2008年に完成した駅前広場を地域コミニュテイーの核と考え,地域の和を広げていく第一歩として大岡山北口商店街,東工大,小・中学校などと一緒に「みんなの庭づくり」を行っています。”大岡山の名前を全国区にしよう”が活動目標。具体的には庭のデザイン,植え込み,メンテナンスなどのワークショップに始まって,街はどうあったら良いかのデザインの勉強会を年3~4回行いました。この結果,並木植物や観る桜のほかに,食べられるレモンを植えたり,草むらを芝桜で覆う等したら景色が美しくなり楽しくなりました。誰もレモンを盗る人はいません。これからはとくに土を改良して植物の生育環境づくりに力を入れて行きたいと考えています。

(4)緑と子供を育ぐむ,美しの森公園つくりー宮前美しの森公園愛護会

宮前美しの森は多摩プラザから15分,生物多様性維持を目的に作られました。地域住民は今,この目的を共有するイベントを行っています。例えば,森の木に名前を書いたネームプレートを付けその下の笹を刈る,池のザリガニをとって先住の生き物を守る,また森の草木でリースを作るなどをして多様に活用。森を身近に感じることによって森が循環して,生物が多様化していくことを学ぶ活動を心がけています。

(5)鷺沼と花と緑を育てようー鷺沼にんじんクラブ

当会は25年以上鷺沼と花と緑を育てようと鷺沼駅前・周辺のみどり化運動を続けてきました。にんじんクラブの花壇を作って花を育ててきたのです。これからもいっそう街を美しくする活動を続けていきます。

(6)田園都市線から桜並木が見える鶴見川ー桜を愛する会

退職者が多くなり会員が増えました(会員107名)。鶴見川の沿岸に桜を植え並木をつくろうと活動しています。毎月1・4週土曜日に鶴見川上流沿岸の清掃,桜植え付け・手入れなどを行っています。東急「みど*リンク」の支援は台風で倒れた桜の支柱取り付けなどに役立てました。また日本桜の会の支援も受け表彰されました。毎年さくらの女王を選出したり,横浜市青葉区の区民まつりに参加しています。

(7)「バラがむすぶ小径」整備プランー太陽ローズガーデン(横浜市青葉区荏子田)

「荏子田おやじの会」が行政と一体となって始めた荏子田太陽公園の再生プロジェクトは,”バラを植えて地域を明るく”を掲げて2001年に発足しました。が,10年を経過して花壇などが老朽化してきました。面積2000平方メートル,雑草地を日本一ハイセンスなバラの地域にと心がけ活動してきました。そして子供たちに小さいときからバラに親しむ環境をつくりたいと願っています。しかしここの土地は土の下に岩盤があるためバラの生育に適しません。このため,みど*リンクの支援も受けて全面的に土地改良を行いました。冬の寒い中,DIYで水抜き工事を行ったのです。また,つるバラを絡める木製のゲイト・アーチ・トレリス等も作りました。いまは保育園・小学校の子供たちが訪れていきます。大人から子供たちまでバラに親しむ公園にしたいと活動しています。

(8)大橋ジャンクションでぶどう園と収穫祭ーNPO大橋エリアマネージメント協議会

私たちの活動内容は、皆さんご存知の通りです。

以上8例の紹介があり,東急沿線の住民が活発にさまざまなまちづくり活動を行っていることを知りました。今年初めて具体的なまちづくり活動に足を踏み出す私たちにとって大先輩のグループがたくさんあり,学ぶところ多く,交流してゆきたいと思っています。

(記録:田村久子)