11月 17th, 2014

食習慣で健康寿命を伸ばそう1410matsushima_photo
~大橋の収穫祭の取り組みに触れて~

日時:2014年11月23(日) 午後5時〜午後7時
場所:クロスエアタワー9階会議室(目黒区大橋一丁目5-1)
講師:東京大学名誉教授 松島克守
参加費なし
申込人数:先着50名
講演概要:健康で長生きが最高
単に寿命を伸ばすのではなく、介護を必要としない健康寿命を延ばすことが大切です。本人も幸せですし、社会的には財政危機の原因である、医療と福祉の費用削減の本質的な解決策です。沢山の研究結果から食と運動の食習慣で健康寿命は延ばせることが解っています。加えてコミュニティーで人との温かい交流が重要です。天空の公園に行きましたがその全てが揃っていると思いました。美味しくて良い野菜を育て、ご近所の方と語らい、散歩道を歩くことがすぐ自宅のそばでできるのですから。講演では健康寿命や各地の取り組み、そして食すべき食材、そして長年楽しみながら健康を考えての私の食習慣についてお話ししたいと思います。

松島先生プロフィール
東京大学名誉教授であり、現在一般社団法人俯瞰工学研究所 所長。
俯瞰工学や産業戦略論の専門家でありながら、全国の地方の産業振興に関する顧問を務める。
趣味では料理やワインを愛好し、食と健康についての造詣が深く、ご自身のメルマガにて食の話題を発信中。実践が難しくない食習慣を追求している。最近のテーマは、寒くなると作りたい料理、夏野菜のレシピ、出汁、鍋など。

健康寿命:日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のこと。日本人の健康寿命は男性で70.42歳、女性で73.62歳である(厚生労働省2012年6月発表)

申込方法
・氏名
・メールアドレス
・他の参加者の氏名(2名まで)
をお知らせ下さい。

本ホーム−ペからは→こちらから申し込み下さい

直接メール申し込みする場合は、
メールタイトルを「講演会申込」とし、下記のアドレスに送付願います。
2014kouenkai@machi-oohashi.net

 

 

This entry was posted on 月曜日, 11月 17th, 2014 at 9:00 PM and is filed under 街づくり. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.