10月 6th, 2019

9月14日に目黒天空庭園でぶどうの収穫し、ワインの仕込みをしました。
マスカットベーリーAという日本の代表的な赤ワインの品種です。

今年は、皆様ご存知の長引いた梅雨と千葉県に大きな被害をもたらした台風15号に加え、収穫直前の9/14には目黒区は激しい雷雨に見舞われました。ぶどうの出来栄えも良くないのに加え、強い風と雨の被害で、収穫量は22Kgにとどまりました。

今年は昨年の経験から、一房に栄養がたっぷり行き渡らせるため、ぶどうの房を半分ちかく早い段階でとっていました。天気のこともあり、結果として、ぶどうの木として負担が今年は少なかったことになります、来年は元気のあるぶどうの木で房をつけてもらいます。

白百合醸造様にてワインの仕込みも行いました。
収穫量が少ないものの、白百合醸造様の協力で今年の収穫祭には例年通りのワインをお楽しみいただける計画です。

ご期待ください。

 

ぶどうの収穫で50名近くの方が集まっていただきました。
今年は台風の影響で、数が減ってしまいましたが、みんあで交代で収穫しました。

ぶどうの栽培と、ワインの醸造でお世話になっている白百合醸造さんです。
ワイナリーの前で記念撮影

手動式の除梗破砕機でぶどうの実だけを取り出して、潰してワインの元(マスト)を作ります。

今年のワインのボトルのラベル用に撮影をしました。

できたワインの元(マスト)をみんなで試飲しました。

2019.10.06 細尾 浩行

This entry was posted on 日曜日, 10月 6th, 2019 at 1:25 PM and is filed under トピックス, ブドウ栽培. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.