5月 5th, 2013

東急「みど*リンク」は東急沿線のまちづくり活動を行っているグループの活動を支援する東急(株)の助成事業です。4月21日に昨年度助成を受けた8グループの発表が行われました。おおまかな内容を紹介します。

(1)二子玉川駅「交通広場」に緑をーNPO法人玉川にエコタウンをつくる会

NPO法人と地域住民が一緒に協力して二子玉川駅の交通広場でプランターで花を育て,まちを美しくしています。3年前に発足しました。女性が中心を担っています。これから本格的に緑美しいまちづくりをがんばりたい。緑化はやはり管理が大切と考えています。

(2)自由が丘森林緑化計画ー自由が丘商店街振興組合

自由が丘をみどりでいっぱいにすることを目指して2009年に活動を発足させました。いまは活動に関わっている人1300人,商店街振興組合事務局が中心となっています。まず始めに「自由が丘森林計画」をつくました。土の無いところでみどりの活動をするためは土が大切です。このため東急「みど*リンク」の支援を活用して大型プランターをたくさん作ることに。道路に青シートを敷き,大型ダンプで土を大量に運び入れ,大型プランターに土を入れたものを沢山作りました。それに木や草花の苗を植えてまちづくりを行ったのです。このほかにミツバチプロジェクトや緑色の自動販売機をコーラの会社につくってもらい,その売り上げの数%を会に寄付してもらうなど活動の資金を得るためにずいぶん工夫してさまざまな活動をしています。

(3)大岡山駅前「みんなの庭」づくりー大岡山さくら祭り実行委員会

2008年に完成した駅前広場を地域コミニュテイーの核と考え,地域の和を広げていく第一歩として大岡山北口商店街,東工大,小・中学校などと一緒に「みんなの庭づくり」を行っています。”大岡山の名前を全国区にしよう”が活動目標。具体的には庭のデザイン,植え込み,メンテナンスなどのワークショップに始まって,街はどうあったら良いかのデザインの勉強会を年3~4回行いました。この結果,並木植物や観る桜のほかに,食べられるレモンを植えたり,草むらを芝桜で覆う等したら景色が美しくなり楽しくなりました。誰もレモンを盗る人はいません。これからはとくに土を改良して植物の生育環境づくりに力を入れて行きたいと考えています。

(4)緑と子供を育ぐむ,美しの森公園つくりー宮前美しの森公園愛護会

宮前美しの森は多摩プラザから15分,生物多様性維持を目的に作られました。地域住民は今,この目的を共有するイベントを行っています。例えば,森の木に名前を書いたネームプレートを付けその下の笹を刈る,池のザリガニをとって先住の生き物を守る,また森の草木でリースを作るなどをして多様に活用。森を身近に感じることによって森が循環して,生物が多様化していくことを学ぶ活動を心がけています。

(5)鷺沼と花と緑を育てようー鷺沼にんじんクラブ

当会は25年以上鷺沼と花と緑を育てようと鷺沼駅前・周辺のみどり化運動を続けてきました。にんじんクラブの花壇を作って花を育ててきたのです。これからもいっそう街を美しくする活動を続けていきます。

(6)田園都市線から桜並木が見える鶴見川ー桜を愛する会

退職者が多くなり会員が増えました(会員107名)。鶴見川の沿岸に桜を植え並木をつくろうと活動しています。毎月1・4週土曜日に鶴見川上流沿岸の清掃,桜植え付け・手入れなどを行っています。東急「みど*リンク」の支援は台風で倒れた桜の支柱取り付けなどに役立てました。また日本桜の会の支援も受け表彰されました。毎年さくらの女王を選出したり,横浜市青葉区の区民まつりに参加しています。

(7)「バラがむすぶ小径」整備プランー太陽ローズガーデン(横浜市青葉区荏子田)

「荏子田おやじの会」が行政と一体となって始めた荏子田太陽公園の再生プロジェクトは,”バラを植えて地域を明るく”を掲げて2001年に発足しました。が,10年を経過して花壇などが老朽化してきました。面積2000平方メートル,雑草地を日本一ハイセンスなバラの地域にと心がけ活動してきました。そして子供たちに小さいときからバラに親しむ環境をつくりたいと願っています。しかしここの土地は土の下に岩盤があるためバラの生育に適しません。このため,みど*リンクの支援も受けて全面的に土地改良を行いました。冬の寒い中,DIYで水抜き工事を行ったのです。また,つるバラを絡める木製のゲイト・アーチ・トレリス等も作りました。いまは保育園・小学校の子供たちが訪れていきます。大人から子供たちまでバラに親しむ公園にしたいと活動しています。

(8)大橋ジャンクションでぶどう園と収穫祭ーNPO大橋エリアマネージメント協議会

私たちの活動内容は、皆さんご存知の通りです。

以上8例の紹介があり,東急沿線の住民が活発にさまざまなまちづくり活動を行っていることを知りました。今年初めて具体的なまちづくり活動に足を踏み出す私たちにとって大先輩のグループがたくさんあり,学ぶところ多く,交流してゆきたいと思っています。

(記録:田村久子)


 

This entry was posted on 日曜日, 5月 5th, 2013 at 9:04 PM and is filed under グリーンクラブ, トピックス, ブドウ栽培, 未分類. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.