10月 29th, 2017 | No Comments »

 

オーパス天空庭園収穫祭実行委員会(委員長:相良市郎)は、2017年11月18日(土)に、オーパス天空庭園収穫祭を開催いたします。併せて地域コミュニティの醸成を図ります。

オーパス天空庭園収穫祭は、目黒区大橋にある目黒天空庭園及びオーパス夢ひろばで活動している四つの活動団体(特定非営利活動法人大橋エリアマネジメント協議会、目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブ、オーパス夢ひろば運動スポーツ遊びクラブ、オーパスドッグクラブ)にて実行委委員会を組織し、実施する祭典です。一 年間の公園活動成果(収穫)を皆様に披露し、ともに楽しみます。公園で収穫したブドウ(三分の一)で作ったワインと野菜の料理、オーパス夢ひろばで技を磨いた地元チームによるフットサル大会、ペットと散歩を 楽しむ方によるドッグカフェ&いちにちどうぶつむら及び、地元あおば医院 院長千木良真保氏の講演会を実施します。 (雨天時は、計画を一部変更した上で実施します。)

1. 開催概要
1.1. 収穫祭

日時:2017年11月18日(土) 10:00-18:30

場所:目黒天空庭園、オーパス夢ひろば他(目黒区大橋一丁目)

1.2. 実施団体

主催:オーパス天空庭園収穫祭実行委員会
共催:特定非営利活動法人大橋エリアマネジメント協議会、目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブ、オー パス夢ひろば運動スポーツ遊びクラブ、オーパスドッグクラブ
後援:目黒区、上八町会
協賛:白百合醸造株式会社、アサヒグループ食品株式会社、一般財団法人日本地図センター

2. 実施内容

i.開会式「天空庭園に乾杯」(目黒天空庭園 10:00-10:50)

収穫祭の開会を祝い、式典を行います。今年の収穫状況、ワインの接受などがあります。

演奏:東山中学校吹奏楽部

ii. 講演会(17:00-18:30)

・場所:クロスエアタワー9階会議室
・講師:あおば医院 院長・医学博士 千木良 真保先生
・講演タイトル:「みなさんの力で救える命『心停止とアナフィラキシーショック』」
・参加費なし

 

iii. tomatoエコベジレストラン(目黒天空庭園 11:00-15:00)

ワイン:「天空庭園」グラス付
料理:スープ、ハーブティー、フランクフルトソーセージ、茹で落花生、ラスク
その他:ポプリ、とうがらしリース
野菜・ハーブは目黒天空庭園で収穫したものを中心としています。

 

iv. dogオーパスドッグカフェ&いちにちどうぶつむら(クスノキ広場 11:00-15:00)

・動物との触れ合い「いちにちどうぶつむら」(小動物とパオにー)
・訓練士によるペットしつけ相談(13:00-14:00)
・ドッグカフェ(モツのトマト煮、ワイン「天空庭園」グラス付、他)

 

v.  soccer区民フットサル大会(オーパス夢ひろば、10:00-18:00)

・国際交流サッカー講習会(10:00-12:00)
・区民フットサル大会:8(注)チームトーナメント戦(13:00-18:00)
・チアリーディング:東京農業大学全学応援団チアリーダー部演技(14:00-14:25)
・ひろば売店:弁当、ワイン「天空庭園」グラス付、ビール(12:00-16:30)

国際サイズの人工芝ピッチで、地元チームによる白熱した試合が繰り広げられます。
観客席をご用意しておりますので、ぜひご来場ください!

vi.おおはし里の杜公開(10:00-16:00)

・首都高速道路大橋換気所屋上の「おおはし里の杜」が公開されます。

vii.(財)日本地図センター出店(プリズムタワー集会室 11:00-15:00)

・地図関連グッズの販売を行います。

viii.白百合醸造株式会社出店(プリズムタワー集会室 11:00-15:00)

・白百合醸造株式会社のワインの試飲ができます。

お問い合わせ:オーパス目黒天空庭園収穫祭実行委員会事務局
Mail:2017shuukakusai@machi-oohashi.net
Web:machi-oohashi.net

 

オーパス天空庭園収穫祭実行委員会

以上

Posted in トピックス
10月 10th, 2017 | No Comments »

9月16日、いよいよブドウの収穫となりました。

収量は、96.9kg昨年の約4倍の収穫でした。

ここでできるワインは11月の収穫祭にて飲むことができます。

 

細尾浩行

Posted in ブドウ栽培
9月 19th, 2017 | No Comments »

9月9日(土)の活動報告

来週は収穫となります。

ブドウの方は雨の影響で、病気が発生しています。
収穫したものをふるって、病気のブドウを落としてから収穫箱に格納します。
また、まだ着色していないブドウがありましたら別の収穫箱に入れます。

ブドウがきれいに食べられています。(鳥はこの位置は難しいので、人?)
来年は基本的に袋かけをしようと思っています。

小豆が開花しています。収穫祭でお汁粉にする予定です。楽しみですね。

落花生も元気に育っています。
その他、ピーマンの整理と、大根、カブの間引きをしました。

前回報告した鳩の子供が巣立っていました。
来年も天空庭園で巣作りをしてくれるといいですね。

細尾 浩行

 

8月 29th, 2017 | No Comments »

8月26日のの活動状況のご報告です。

ブドウの方は順次色づいていて、収穫するまでには完全に色づくと思います。

少し、ブドウの房に病気が発生しているようです。

以下の3パターンの状況を次回確認します。

①袋掛けしたもの ②笠かけしたもの ③そのまま放置しているもの

今年も鳩がブドウの木の上で巣作りをしています。

写真の親の左下に雛がいます。

野菜の方はピーマンの収穫と、大根と小カブの種をまきました。

落花生も順調に生育しています。

細尾 浩行

8月 10th, 2017 | No Comments »

8月5日の作業についてご報告です。

ブドウの方は作業はありませんでしたが、ブドウの着色を確認できました。ベレーゾン期というタイミングで、着色と同時にブドウが柔らかくなります。ブドウの着色は写真のようにまばらに着色していきます。

ブドウの方は順調に育っています。

畑の方はピーマン、トマト、キュウリを収穫しました。秋植えの野菜向けに畑の整理をしました。落花生と小豆も順調です。(少し葉が茂り過ぎげいるのが気になります。)

細尾 浩行

7月 25th, 2017 | No Comments »

動物とふれあうことで、人の心が癒やされたり、ストレスが軽減されたります。
その活動を毎月一回、老人ホーム東山で行っています。

お年寄りの言葉

「私は89年間犬や猫が大嫌いでしたが、皆さんがあまりにも楽しそうなので参加しました。本当に言葉に表せない優しい気持ちになれました。こんなことならペットを飼っていたら良かった。」

「昔、大切にしていたペットを思い出しました。もう飼えないけど、もう抱っこすることが出来ないと思っていたから、もう〜本当にうれしい。」

老人ホームが発行している「ひがしやま通信6月号」にも掲載されました。6月28日の活動です。


オーパスドッグクラブ

Posted in ドッグクラブ
7月 24th, 2017 | No Comments »

7月22日の作業についてのご報告です。

天空庭園の花に恵みの訪問者が来ていました。

カラスアゲハ?

クマバチ?

ブドウの方に肥料をあげて、炎天下が続いていたので、水遣りをたっぷりしました。あと、堆肥の切り返しを致しました。

畑はトマトの収穫をしました。

ちょうど見学をしていた小学生の団体に配り、喜んでいただきました。

カラスアゲハ

クマバチ

細尾 浩行

7月 17th, 2017 | No Comments »

7月15日の作業のご報告です。
三月にご講演頂いた新宅先生(注)に野菜栽培についてのご指導をいただきました。

土づくりのアドバイスや、花の手入れ・畑の手入れについての教えていただきました。

ホップの方が順調に育っていて、本日開花しているのが確認できました。
ホップの毬果(きゅうか)ができるのが楽しみですね。

注:世田谷区 花とみどりの相談員 新宅 康弘先生

細尾 浩行

Posted in 野菜栽培
7月 10th, 2017 | No Comments »

7月8日の活動報告を致します。

参加いただいたみなさま、暑いところお疲れ様でした。

白百合醸造さんにいただいた紙の笠で笠掛けをしました。

同時に子供収穫体験会を実施しました。

参加いただいたみなさんにトマトやキュウリ、ピーマンの収穫をしていただきました。

畑の落花生と小豆は順調に育っていますので、覆いを取り外しました。

さっそく、落花生の開花を確認しました。

この花が土に潜るはずなので、次回状況をご報告します。

また、ラベンダーの開花も始まっています。

 

細尾 浩行

7月 5th, 2017 | No Comments »

7月1日の土曜日に白百合醸造さんへ栽培研修に行ってきましたのでご報告します。
参加者は5名でした。
今回は、ブドウの笠掛作業の研修です。

内田社長のご指導の元、みんなで甲斐路、甲州などの笠掛を実施しました。
笠掛けの理由や、細かいテクニックを教えていただきました。
次回、収穫バスツアーで行く時には私達が笠掛をしたブドウを収穫できるかもしれません。

最後は、ワイン博物館での見学やワイナリーを巡って帰りました。

今回活用したブドウの笠をいただいたので、次回活動日に天空庭園でも試しに使ってみます。
また、内田社長が個別に天空庭園のぶどう畑をみていただき、枝の細いところに複数ついているぶどうの房は今から摘房してしまった方が良いということでした。次回こちらも実施します。

白百合醸造株式会社

細尾 浩行

Posted in ブドウ栽培