1月 21st, 2021 | No Comments »

東口広場にて

クロガネモチ

クロガネモチ(黒鉄黐)とは、モチノキ科モチノキ属の常緑高木。学名 Ilex rotunda。

しばしば庭木として用いられ、比較的都市環境にも耐えることから、公園樹、あるいは街路樹として植えられる。「クロガネモチ」が「金持ち」に通じるから縁起木として庭木として好まれる地域もある。西日本では野鳥が種を運び、庭等に野生えすることがある。

材木は農機具の柄としても用いられる。 Wikipedia

ツワブキ

ツワブキ(石蕗、艶蕗、学名:Farfugium japonicum (L.) Kitam.1、シノニム:Farfugium tussilagineum 、Ligularia tussilaginea )は、キク科ツワブキ属に属する常緑多年草である。海岸近くの岩場などに生え、初冬に黄色い花を咲かせる。葉柄は食用になる。観賞用に庭園に植えられることもある。 Wikipedia

1月13日 撮影

12月 13th, 2020 | No Comments »

潤いの森にて

ガマズミ

ガマズミ(莢蒾、学名:Viburnum dilatatum)は、山地や丘陵地の明るい林や草原に生える落葉低木。

樹高2-3m程度となる。若い枝は星状毛や腺点があってざらざらで、灰緑色。古くなると、灰黒色になる。花期は5-6月。白い小さい花の花序を作る。晩夏から秋にかけて3-5mm程度の果実をつけ、食用となる。果実は赤く熟し、最終的に晩秋の頃に表面に白っぽい粉をふき、この時期がもっとも美味になる。 Wikipedia

ヤブデマリ

ヤブデマリ(藪手毬、学名:Viburnum plicatum var. tomentosum )は、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。

樹高は3~4mくらいになる。葉は枝に対生し、形は長楕円形で10cmほど、葉の先端は尖り縁は全縁になる。花期は5~6月で、やや黄色を帯びた小さな両性花が集まる花序のまわりに、白色の大きな5枚の花弁の広がった装飾花が縁どる。夏に赤い実をつけ、秋には黒紫色に熟す。 Wikipedia

12月7日 撮影

11月 28th, 2020 | No Comments »

四阿付近 潤いの森にて

モミジ

秋になって木々の葉が色づくこと → 紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)。転じて、鮮やかに紅葉するカエデ類の総称 → カエデ Wikipedia

カエデ

カエデ(槭、槭樹、楓、鶏冠木、蛙手)とはムクロジ科(旧カエデ科)カエデ属 (Acer) の落葉高木の総称。日本に自生しているカエデの種類は26種類にのぼるとされている。 名前の由来は、葉の形がカエルの手「蝦手」に似ていることから、呼び方を略してカエデとなった。 Wikipedia

ミツバツツジ

ミツバツツジ(三葉躑躅 Rhododendron dilatatum)はツツジ科ツツジ属の落葉低木。また、近縁のミツバツツジ類の総称でもある。 関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布し、主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育する。他のミツバツツジ類の多くは雄しべが10本なのに対し、本種は5本であることが大きな特徴。古くから庭木としても植えられるが、盗掘の影響もあるせいか野生の個体数は決して多くない。

ミツバツツジ類は、4-5月頃に咲く紅紫色の花が美しい。花が終わってから葉が出てくる。枝先に三枚の葉がつくことからこの名がついた Wikipedia

11月22日 撮影

10月 31st, 2020 | No Comments »

鮮やかな紅葉の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

毎年、オーパス天空庭園収穫祭の開催には、平素から格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、今年のオーパス天空庭園収穫祭は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止とさせて頂きます。なお、ワイン「天空庭園」につきましては、感染状況を見た上で、来年の春には何らかのお披露目の場を設けたいと思います。

オーパス天空庭園収穫祭中止

毎年、11月に実施しております「オーパス天空庭園収穫祭」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止といたします。

ワイン『天空庭園』について

目黒天空庭園で育ったブドウの収穫を祝い、毎年11月の収穫祭にてワイン「天空庭園」をお楽しみただいておりました。今年は、その収穫祭が中止となります。そのため、ブドウ収穫の祝いからワイン醸造の祝いとして、来年の春に何らかのお披露目の場を用意いたします。

一冬寝かせたワインを来年の春にボトリングします。来年春のお披露目では、秋のワインとは異なる、本来のプリムール(初物)を味わえます。

今年の収穫と醸造

9月26日に収穫し、当日醸造を行いました。

 

なお、醸造は白百合醸造様で、11月1日の13:00からには、オンラインイベントが開催されます。関心のある方はご参加下さい。  

Posted in トピックス
8月 20th, 2020 | No Comments »
東口広場 くつろぎの広場にて

タカサゴユリ

タカサゴユリ(高砂百合、中国語: 台灣百合、英語: Taiwanese lily)はテッポウユリ亜属の植物。台湾原産。 Wikipedia

オミナエシ

オミナエシ(女郎花、学名:Patrinia scabiosifolia)は、合弁花類オミナエシ科オミナエシ属 の多年生植物。秋の七草の一つとして、日本では古くから親しまれている。別名は、敗醤(はいしょう)ともいう。 Wikipedia
8月11日 撮影
7月 7th, 2020 | No Comments »

管理棟付近 アプローチ空間にて

ギボウシ ギボウシ(擬宝珠)は、キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属(学名: Hosta)の総称である。山間の湿地などに自生する多年草。食用となり、花が美しく、日陰でもよく育つため、栽培される。 Wikipedia
アカンサス アカンサス(Acanthus、ハアザミ、葉薊)は広義にはキツネノマゴ科ハアザミ属(アカンサス属 Acanthus) の植物を総称していうが、普通は特に観賞用に栽培されるA. mollisを指す。その名前にはギリシア語で「トゲ」と言う意味がある。 Wikipedia
6月29日 撮影
5月 26th, 2020 | No Comments »
西口広場付近 四季の庭にて ホタルブクロ (蛍袋、Campanula punctata Lam.)とは、キキョウ科の多年草。初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる。 Wikipedia
イモカタバミ フシネハナカタバミ(節根花片喰、学名 Oxalis articulata Savigny, 1797)、が基本種で、独立種として扱われていたイモカタバミ(芋片喰、学名 Oxalis articulata Savigny. subsp. rubra (A. St.-Hil.) A.Lourteig, 1982、)は、後にフシネハナカタバミの亜種とされた。カタバミ科カタバミ属の植物。現在は、フシネハナカタバミとイモカタバミは園芸上、まとめてイモカタバミと呼ばれている。 Wikipedia この花はオキザリスかもしれません。詳細な確認をしないと明確にはなりません。(5/29追記)
5月24日 撮影
4月 30th, 2020 | No Comments »

西口広場付近 潤いの森

ハマナス(浜茄子、浜梨、玫瑰、学名:Rosa rugosa)は、バラ科バラ属の落葉低木。夏に赤い花(まれに白花)を咲かせる。根は染料などに、花はお茶などに、果実はローズヒップとして食用になる。晩夏の季語。Wikipedia

アオダモ(青梻、学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata)とはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹である。雌雄異株。別名:コバノトネリコ、アオタゴ。Wikipedia

4月26日 撮影
4月 16th, 2020 | No Comments »
潤いの森にて
4月9日撮影 なお、目黒天空庭園及びオーパス夢ひろばは5月6日まで、開園時間が短縮されます。 開園:9:00 閉園:16:00    
12月 9th, 2019 | No Comments »
イロハモミジ
コハウチワカエデ
12/2 撮影